ホットワード

ナースコムノート|template

あなたはどのタイプ?お悩み別ナースシューズの選び方

お悩み別ナースシューズの選び方 足の悩みは人それぞれ。足の疲れが気になる方もいれば足のムレが気になる方もいますし、外反母趾に悩む方や足のむくみを何とかしたいという方もたくさんいます。
立ち仕事の多い看護師にとって、足の悩みは大敵です。足の悩みが改善されなければそちらに意識が向いてしまい、仕事に集中できなくなってしまう場合もあります。看護師の仕事は、患者さんの命を預かる仕事です。患者さんの命を預かる以上、仕事には責任を持って集中する必要があります。

看護師が抱える足の悩みを解決するアイテムとして、「ナースシューズ」があります。一口で「ナースシューズ」とは言っても、それにはたくさんの種類があります。ここでは、看護師が抱える足の悩みに合わせたナースシューズの選び方についてご紹介します。

■足腰の負担やむくみが気になる方には
足腰への負担やむくみが原因で足が疲れてしまうと、そちらに意識が向いてしまい仕事への集中力が欠けてしまいます。余計なことに気を取られることなく仕事に集中するためには、負担を減らして疲れないことが大切。そのため、足が疲れないナースシューズを選ぶ必要があります。
疲れないナースシューズが欲しい方には、「スニーカータイプ」がおすすめです。スニーカータイプの特徴として、ソール部分のクッション性や衝撃吸収の高さがあげられます。クッション性や吸収性に長けていれば長時間履いていても疲れにくく、足腰への負担を減らすことができます。

■足のムレが気になる方にはコレ
足のムレが気になる方にはコレ ナースシューズを履いていて、「ムレ」が気になる方も少なくありません。足を覆う面積の少ないナースサンダルに比べ、ナースシューズはムレやすくなっています。
でも大丈夫!足のムレが気にならないナースシューズもたくさんあります。シューズであるにも関わらず大きな通気孔が付いているタイプや甲部分が全体的にメッシュ素材となっているシューズは、通気性もよくムレにくくなっています。
ムレにくいナースシューズを選ぶことで、余計なストレスに気を取られることなく仕事に集中できます。

■動きやすさを重視したい方には
足が疲れないためには、「動きやすさ」も重要です。足の動きに合わせてソール部分が曲がらなかったり滑りやすかったりすれば、それだけで足腰には負担がかかり疲れてしまいます。足腰に余計な負担をかけることなく疲れさせないためにも、動きやすいナースシューズを選ぶようにしましょう。ソール部分の柔軟性やグリップ性の高いものがおすすめです。

■履きやすさを重視したい方には
履きやすさを重視したい方には 足腰の負担を軽減するためには、「脱ぎ履きのしやすさ」も大切です。特に手術室やアンギオ室など脱ぎ履きの多い現場では、ナースシューズの履きやすさは仕事の効率にも大きく影響します。
履きやすさを重視したい方には、踵部分が覆われていないサボタイプがおすすめです。また、サボタイプ以外に2wayタイプもおすすめです。2wayであれば普段はシューズタイプで使用することができ、脱ぎ履きの多いシーンでは踵を踏めばサボタイプにもなります。

このように、ナースシューズにはさまざまな種類があります。人によって足の悩みはさまざまで、その解決策もさまざま。悩みに合わせたナースシューズを選ぶことで足腰の負担やストレスを軽減することができ、快適に仕事に集中することができるでしょう。

ナースシューズや白衣、メディカルツールなどさまざまなナースアイテムを通販で購入できる「ナースコム」では、絞り込み検索を利用すれば悩みに合わせてナースシューズを選ぶことができます。絞り込み検索を利用して、自分にピッタリのナースシューズを簡単に購入しちゃいましょう!

2015.11.27 Friday
このページのトップへ